自分の目の高さより少し上にあったので、ブレを防ぐためISO800としました。背後がうっそうとした森林ではなく、木々や葉の隙間から向こうからの西日が届いていたので、ミドリ色と白色がまだらに混ざった味のある背景となりました。