カテゴリー「花」の137件の記事

2019年8月 7日 (水)

笠岡のヒマワリ 2

 先週に引き続き、笠岡ベイファームを訪ねました。一週間前は咲き始めでしたが、今日はほぼ満開でした。

Img_8151-800x533

 干拓地なので、広々過ぎて、どのくらいの広さなのか説明ができません。

Img_8152-800x533

 今日は青空があったので、カメラを水平より少し上を向けて撮ってみました。

Img_8165-800x533

 とにかく、ヒマワリ一色です。

Img_8198-800x533

 先週はカンカン照りだったので30分で引き上げました。今日は途中から太陽が薄雲の中に入ったので1時間持ちました。それと、昨日の台風の雨で地面がしっとりしていて、気温がチョット低かったかもしれません。

2019年7月31日 (水)

笠岡のヒマワリ

 今日は、ヒマワリを写しました。道の駅笠岡ベイファームです。まだ咲き始めでしたが、角度を工夫すると、満開の雰囲気がでました。

Img_8104-800x533

 この花には太陽の光が当たっていましたが、ほとんどの花は北を向いていたので、逆光でした。

Img_8114-800x533

 黄色いハナビラに後ろ側から光が当たっていたので、ハナビラが明るい黄色になりました。

Img_8116-800x533

 この花は北向きで、下向きだったので、ほぼ真逆光でした。普通に写すと花の中心部が真っ黒になるので、明るめに写しました。

Img_8119-800x533

 せっかくなので、真夏の雰囲気を出すために、明るくしてみました。

過ぎに30分がんばりました。手の甲に玉の汗がでてきて、けっこう塩辛い味がしていました。これ以上やると変になりそうだったので、止めました。

2019年6月26日 (水)

上下の花菖蒲

 府中市の上下町(ジョウゲチョウ)でハナショウブを写しました。祭りが先週終わったので、今週は無料でした。まずは逆光気味で明るく

Img_7957-800x533

 次は、少し暗めに

Img_7960-800x533

 暗めの方が、しっとりしていい感じがします。

2019年6月 5日 (水)

アジサイの咲き始め

 府中市の神宮寺に出かけました。明日からあじさい祭りが始まる予定ですが、まだ咲き始めでした。園内の一株だけが花を開いていたので、写しとりました。

Img_7889-800x533

 園内の99%は、つぼみの段階でした。この写真を見てアジサイ園の全体を想像しないで下さい。この株だけ、花が開いていました。少し三脚の位置を変えて、もう一枚撮りました。

Img_7890-800x533

 

 

2019年5月29日 (水)

大島のバラ 2

 先週に引き続き、伊予大島でバラを写しました。ほとんどの木は最盛期を過ぎていましたが、残った花を探して撮りました。

Img_7853-800x533

 この淡いピンク色のバラは、通常の明るさよりも少し明るすぎぐらいに撮った方が、雰囲気が良さそうでした。結果的に、背景を含めて全体が明るめになりました。

Img_7855-800x533

 これも、思い切って明るめに写しました。

Img_7862-800x533

 今日は、すべて明るめの色彩となってしまいました。

<撮影方法>

 カメラ  canon eos 8000D+50mm macro (APS-C)

 撮影時間 3:00

 撮影枚数 34枚

 電池   2個共完全放電

 撮影の仕方 

  三脚使用、ライブビューによる構図やピントの調整

  三脚に固定したカメラを膝より低い高さに置いて、60度から90度見上げる構図を多用

  バリアングルのライブビューを見ながら、三脚の足の位置や長さ、雲台の回転で構図を決定

  ライブビューでないと、首痛や腰痛で途中棄権したはず

  カメラの背面の再生ボタンなどが押しにくく、手探りが上手になった

<分かったこと>

 ライブビューほぼ連続点灯にて、電池1本で約1.5時間もつ

 電池の持ちは、星の写真と同等ぐらいか

<今後の課題>

 充電の困難な山での節電方法を検討する

 見上げるのではなく、水平又は見下げる構図の時には、ライブビューをできるだけ使わない

 望遠レンズの無限遠の位置を記憶しておき、雲などのAFでピントの合わないときもライブビューを使わない。

 

 

2019年5月22日 (水)

大島のバラ

 伊予大島でバラを写しました。全体的には満開をチョット過ぎていましたが、若々しい花がたくさんありました。

Img_7826-800x533

 昨年ぐらいまでは、花に出来るだけ近づいて、主役の花を大きく写そうとしていました。それに飽きたので、今年からは、少し花から離れてみました。主役の花が少し小さくなりますが、花園全体の雰囲気を写し取れると思っています。

Img_7827-800x533

 花から離れると、背景のボケ量がぐっと減るので、絞りを開けてボケ量を増やしました。結果的には、今までよりも少しボケが減ったぐらいでしょうか。

Img_7834-800x533

 12時ぐらいから約2時間半、あれこれ工夫しながら60枚撮りました。最初は真上からの強い光だったので、背景が明るすぎになっていましたが、14時ごろから、緑の葉っぱの木漏れ日に変わり、背景のボケの緑色が濃くなって、初夏の雰囲気が出てきました。いつもの通り、半日陰の主役の花を真逆光ぎみに撮っています。

 

 

2019年5月 8日 (水)

世羅のふじ

 世羅のふじ園に行ってきました。今日は薄曇りで光が少し弱っていて、優しく写りました。

Img_7684-800x533

 ふじの花の背景を、ちょっと霞んだ春の空にしてみました。

Img_7695-800x533

 花が密集しているふじ園で、房と房が適当に空いて重ならない配置になっているところを探してまわりました。

Img_7698-800x533

 世羅も大三島も今年のふじは、房が小ぶりで花の色も薄く感じました。去年の猛暑で木が弱ったのでしょうか。

2019年5月 3日 (金)

庭の花々

 我が家の庭にも、花が咲きました。背の高いものから写してみました。

Img_7665-800x533

 つつじです。漢字は読めるけど書けそうに無いので省略します。

Img_7672-800x533

 シラン(紫蘭)です。

Img_7674-800x533

 スズラン(鈴蘭)です。

 今までは50mmマクロを使っていましたが、今日は100mmレンズで撮ってみました。最短撮影距離の90cmから100cmぐらいの距離で、マクロの様に拡大せずに撮ってみました。ライブビューの10倍拡大表示でピントを合わせたはずでしたが、・・・どれも少しピントが外れてしまいました。ピントを合わせる対象個所が小さくて色が薄いので、10倍拡大表示でもピントの山が不明瞭でした。言い訳を列挙しておきます。

  花   ピントを合わせた所     ピントが外れた理由

 つつじ 左下よりの花のめしべの先端 めしべが小さく色が淡かったのでよく見えなかった

 シラン 中央よりの花の舌状花弁の舌先上面のヒダヒダ ちゃんと合わせたはずでしたが?

 スズラン 中央の白い花 花が真っ白なので、ピントが合ったかどうかよく分からなかった

次回は100mmレンズをヤメテ、従来の50mmマクロレンズを使って、もっと近づいてもう少し拡大して写そうと思います。そうすれば、ピントを合わせる点がもう少し大きく写るので、ピント合わせが格段に楽になると思います。

2019年5月 1日 (水)

大三島の藤 2

 今週も大三島に出かけました。

Img_7654-800x533

 連日少し肌寒い気温だからでしょうか?花が小ぶりで、色も薄い気がします。

Img_7656-800x533

 昨年の様にもう少し花に近づいて、花を大きく写した方が、より雰囲気が出たのかもしれません。

2019年4月24日 (水)

大三島の藤

 今日は、大三島のフジを訪ねてみました。しまなみ海道で大三島に着くと、雨がちらほら降ってきました。まずは、道の駅御島「ミシマ」で小休止をして、やり過ごしました。雨が止んで、道の駅のすぐ北側にある藤公園で数枚写真を撮ると、また雨が降ってきて休憩です。しばらく待っていたら何とか止みました。

Img_7591-800x533

 フジの紫色の花は、2分咲きぐらいの咲き始めでした。花が開いていて、背景に緑の木があるところを探して歩きました。白い花が一カ所だけあり、散り始めでした。

Img_7612-800x533

 このまわりで、三脚をチョコチョコ移動させて、白い花、紫の花、背景の山の緑をいろんな配置で撮ってみました。

Img_7620-800x533

 

より以前の記事一覧