« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月27日 (水)

備中町のカタクリ

 今日は高梁市備中町に出かけました。無料の平松カタクリ園は2割咲きぐらいだったでしょうか。風があったので、風が治まるのを待って写真を撮りました。

Img_7412-800x533

 三人姉妹があったので、真ん中のめしべにピントを合わせてみました。

Img_7416-800x533

 もう少し暗めに撮ってみました。

Img_7424-800x533

 やっぱり、日向よりも一枚目みたいに日陰の方が優しく写るようです。

2019年3月20日 (水)

為重の福寿草 2

 今日もまた、庄原市の為重に出かけました。先週は二分咲きぐらいでしたが、今日は九分咲きぐらいになっていました。ハナビラも、チューリップ状から、少し大きめに開いていました。
Img_7403-800x533_1
 現地での撮影時間が1時間ほどしかないので、あまり動き回らずに、多少の構図はガマンしてサクサクと撮ってみました。
Img_7405-800x533_1
 最後にチョット暗めにしてみました。
Img_7411-800x533_1
 結果的には、暗めの方が全体の雰囲気が良く出ていると思います。また、前回と同様に、主役の花たちを自分の影で日陰にしてみました。さすがに、2枚目の背景まではおおえなかったので、次回には傘を持って行こうかと考えています。

2019年3月13日 (水)

為重の福寿草

 今日は庄原市為重(ショウバラシ タメシゲ)の福寿草を見に行きました。

Img_7382_800x533

 背丈が低いものを選んで、ブレを少なくしました。

Img_7390_800x533

 いつもは逆光で撮るのですが、今日は順光の場所です。

Img_7391_800x533

 背後の小さい木の陰が花にかかっていました。自分が中腰になって、自分の影を主役と脇役の花にかけてやると、日陰の優しい色になりました。 自宅から現地までは80㎞あり、車で二時間でした。途中では小雪が舞っており、現地でも風が割合あって、真冬の服装で撮りました。

2019年3月10日 (日)

備中の旅

 備中を回ってみました。備中とは岡山県の西部地域の名前です。
国分寺 1

Img_7258_800x533

 この五重の塔には、菜の花が良く似合うと思います。

国分寺 2

Img_7261_800x533

 今度は、花にピントを合わせてみました。

広兼邸

Img_7332_800x533

 ベンガラで大儲けした人の邸宅です。住いを石崖という城壁で取り囲んだ造りになっていました。ベンガラとは赤褐色の染料で、酸化鉄でできています。鉄の赤さびの色です。当時は貴重だった様です。24mmで撮りました。

山城の朝

Img_7340_800x533

 今日は朝霧が出ませんでした。霧の中に浮かぶ天空の城を想像していましたが、残念でした。9月か10月なら比較的に霧が多いことが分かりました。備中松山城でした。この地域には四国の県庁所在地とよく似た地名があります。語の先頭に備中とあるのでわかりますが、備中松山、備中高松です。何か縁があるのでしょうか。

 今回より新しいレンズを使いました。望遠の100mmです。35mm換算で160mmとなり、30年ぶりの望遠レンズです。新しいと言っても中古ですが。今までは中望遠の50mmだったので、それよりも倍の大きさに写ります。今後は24、50、100の三点セットで持ち歩く予定です。

2019年3月 2日 (土)

お隣の梅

 今朝庭に出てみると、お隣のウメが咲いていました。

Img_7209_800x533

 せっかくなので、少し冒険をしてみました。画面を明るくしてみました。

Img_7219_800x533

 明るすぎてハナビラのしわなどの質感は無くなりましたが、春の温かさが伝わると思います。


« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »