« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月27日 (水)

総領のセツブンソウ 2

 今日は曇りで、優しい写真が撮れそうでした。また、総領に出かけました。

Img_7183_800x533

 まとまって仲良く生えていました。

Img_7184_800x533

 脇役の背後の花を程よくぼかしてみました。

Img_7200_800x533

 この花は面白い構造をしています。白いハナビラ状のものは、学術的にはガクです。ハナビラは黄色い点々。おしべとめしべは通常の花と同じで、花の中央にあります。今日は光が弱いので、白いハナビラ状のガクのシワシワが良くわかる様に、少し暗めに写してみました。

 



2019年2月20日 (水)

総領のセツブンソウ

 先週に引き続きセツブンソウを見に行きました。今度は広島県内なので、乗車時間が30分短い1時間半で現地に着きました。道の駅総領(ソウリョウ)でボランティアから説明を聞き、その後で開花状況を尋ねました。神社は満開、保育園の対岸は咲き始めでした。先週の備中が満開だったので、今回の総領は咲き始めの場所を選び、道の駅から歩いてそこへ行きました。

Img_7070_800x533

 先週より花の密度が減ったので、手前の主役の花と後ろのボケたの花の白さがあまり重ならない構図とすることができました。曇りの北斜面だったので、寒い日陰での撮影となりました。 上着はダウンで、下はカッパでなんとか寒さをしのぎました。

Img_7074_800x533

 この場所だけに 一時間ぐらいいて、わずか50センチ程の範囲でいろんな方向にレンズを向けてみました。

Img_7089_800x533

 30枚ぐらい撮ってから家で写真を整理してみると、 結果的には同じ妖精を選んでしまいました。


2019年2月13日 (水)

備中町のセツブンソウ

 岡山県高梁市の備中町へ、節分草を見に行きました。2年前に廃校となった備中中学校の裏手の斜面に、ビッシリと咲いていました。

Img_7030_800x533

 背景の白色は雪ではなくセツブンソウです。神社の参道の斜面にこんなにも咲いていました。

Img_7035_800x533

 花が多すぎて、主役の花のまわりの背景に緑色を入れるのが困難な状況でした。 主役の花の白色と背景の花のボケた白色が重なってしまい、主役の花の印象が薄くなってしまいました。

Img_7039_800x533

 今回は初めての場所に、意を決して遠出をしてみました。車での往復が4:30で200km。昼飯は助六寿司の立ち食い5分。 撮影は40分で40枚。還暦前のジィジの日帰り旅行としては、キツイものでした。次回はもっと余裕のある行程にしたいと思います。それと、この次には、白い花が映えるように、背景を白ではなく緑や黒に、できれば玉ボケを入れたいと思います。その為には今回のような三脚をヤメテ、地面に直接カメラを置いて、水平より上の方向を見上げる方向にレンズを向ける様、努力してみます。出来るかどうか分かりませんが、挑戦してみます。

2019年2月 4日 (月)

瀬戸内市の旅

 岡山市の東隣にある瀬戸内市に行ってきました。牛窓(ウシマド)のヨットハーバーは波がなく穏やかな朝でした。現像設定を標準から風景に変えて、空と海の青色を濃くしてみました。

Img_7000_800x533

 牛窓から 少し東に移動すると、長島がありました。ここには国立の療養所が2カ所ありました。どちらもハンセン病に関するもので、時間がゆっくり過ぎて行くような所でした。負の遺産として価値がある建物はそれなりに維持管理されていましたが、そうでないものは朽ちていました。せっかくなので、白黒写真にしてみました。

Img_6957_800x533

 今回は白黒画像のコントラストを上げるため、オレンジフィルター(YA3)の試験をしてみました。雲を含んだ青空には効果がありましたが、それ以外には効果がナイような気がしました。フィルターよりも明るさを半絞り暗くした方が黒色がしまって見える様でした。

 



備中国分寺

 早春の備中国分寺に行ってきました。

Img_6882_800x533

 菜の花が逆光で輝いていました。日が沈んでから20分ぐらい経ったら、塔の下の方が 赤く焼けてきました。空の青との対比が感じよくなりました。

Img_6921_800x533



« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »