« 秋色の始まり(1) | トップページ | 緑から赤へ(2) »

2016年10月26日 (水)

生き木地蔵

 四国の小旅行に出かけました。愛媛県の東端にある四国中央市には平家の落人集落がありました。その部落の林道から少し分け入ったところに、珍しい地蔵菩薩の彫り物がありました。生きている木の幹に彫ってありました。まわりには木が生い茂っていましたが、ちょうど夕日が当たっていたので、何とか写すことができました。

Img_0785_640x427

 像の高さは70センチぐらいだったと思います。昔のものがあったのですが、木が枯れてしまったので、昭和になって別の木に彫られたようです。

« 秋色の始まり(1) | トップページ | 緑から赤へ(2) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生き木地蔵:

« 秋色の始まり(1) | トップページ | 緑から赤へ(2) »