« 炒め物と煮物 | トップページ | コスモス(向島町) »

2016年10月 5日 (水)

江戸時代の砂防ダム

 みずほ銀行福山支店で記帳をして、ついでに神辺(かんなべ)にいきました。ここは瓦葺きの小江戸の情緒があります。この旧市街の中に、酒蔵の天寶一(てんぽういち)があり、ここの酒を気に入っています。四合ビンを二本買って、菅茶山の記念館へ。この人(かんちゃざん)は神辺出身の漢詩人で、簾塾(れんじゅく)の先生でした。そこに砂防ダムのポスターがあったので、また出かけました。

Img_0708_640x427

 下側の水が流れているのが現代の観光用復刻砂防ダムで、上の石垣が当時のものです。

石垣の両側には土の堤があったのですが、今では流されて亡くなっていました。

« 炒め物と煮物 | トップページ | コスモス(向島町) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 江戸時代の砂防ダム:

« 炒め物と煮物 | トップページ | コスモス(向島町) »