« 宮殿工場 | トップページ | 織田ケ浜 »

2016年4月 2日 (土)

平家谷のしだれ桜

 福山市沼隈町(ぬまくまちょう)の平家谷に行ってきました。昨日の新聞に福泉寺のしだれザクラが載っていたので、早速尋ねてみました。

Img_0305_640x427

 巨木を想像していましたが、少し大きいかなと思う程度の木でした。ここ沼隈町は、東西に走るJR山陽線より瀬戸内海側にコブのように出っ張っていて、沼隈半島となっています。半島の先端には鞆港があります。半島の中央部は山の奥地のような雰囲気で、沿岸である南側の山がじゃまをして、北側からしか出入りできない地形となっていました。平家谷といわれる意味が分かりました。半島の海岸線を辿って鞆に行ったことがありますが、この道からは平家谷へは行けませんでした。

 沼隈半島の西側には戸崎瀬戸を挟んで向島があります。瀬戸とは海峡のことで、ここの幅は400mです。ここの渡船には発着の予定時刻はありません。どちら側かの桟橋にお客がきたら、船がきてくれます。今日は尾道駅前でお祭りがあり、いつもの新しい方の船は出張していて、古い小型の船でやっていました。古い船は前側のみのゲートなので、乗用車は桟橋の上でUターンして、バックで乗り込みます。新しい船は船の前後にゲートがあるので、直進で乗り降りでき、大変便利です。久々にバック乗車の経験をしました。運転に不慣れな方や荒天時にはちょっと不安です。

Img_0297_640x427

船が小さいので乗用車が2台積めるのかどうか不明でした。自分が下車して、島側の駐車場に停めてからすぐに写真を撮りに行ったら、船が桟橋から離れている最中でした。急いでいたので、船のゲートの先端が切れてしまいました。

Img_0314_640x427

« 宮殿工場 | トップページ | 織田ケ浜 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平家谷のしだれ桜:

« 宮殿工場 | トップページ | 織田ケ浜 »