« 栗太郎(かぼちゃ) | トップページ | 冷夏終了 »

2014年8月30日 (土)

対潮楼

 自宅から一番近いみずほ銀行が福山駅前にあるので、記帳のついでに鞆の浦の観光をしました。鞆(とも)は古い港町です。江戸時代の帆船航海のときには潮待ちの港として栄えた様です。瀬戸内海の東西の中央部にあり、潮の満ち引きが丁度切り替わるところでした。大阪からの船は満ち潮に乗って鞆に来て、引き潮に乗じてさらに西へと、効率的に移動したようです。当時の朝鮮通信使もここに停泊し、海沿いの寺から瀬戸内海の多島美を愛でたそうです。座敷からの眺めは窓枠を額に見立てる様な、建築設計となっていました。

Img_3492_500x375

 窓枠の上部には日東第一形勝(日の昇る東の国の一番の景色)と右から左に書いてありました。写真にうっすらと写っています。ストロボで撮れば文字がよく読めたと思いますが、この写真を撮るときには、窓枠の配置に注力していたので、上部の文字にはまったく気がつきませんでした。

« 栗太郎(かぼちゃ) | トップページ | 冷夏終了 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 対潮楼:

« 栗太郎(かぼちゃ) | トップページ | 冷夏終了 »