« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月25日 (日)

白色定食

 今日は白色の朝飯です。白米、豆腐の味噌汁、大根おろし、器も白色になりました。

Img_1577b

2011年12月23日 (金)

ブランチうどん

 忘年会の翌日は昼まで布団のなかです。ストーブを30分ぐらい点けて部屋が温まったら活動開始です。先日の余り物のうどんをダシ汁に入れれば出来上がり。

Img_1573b

どんぶりに注いでから1分以内に写すと、湯気が撮れました。手前は昨日の弁当の残りです。

コンビニ素材弁当

 最近は寒いので夜の買い出しをさぼっています。こんな時に役立つのがコンビニです。会社の帰りによって、ちょっと買えば十分です。

Img_1569a

ソーセージとカニ風味カマボコを炒めて出たエキスを玉子に吸わせます。弁当箱の残った隙間にモヤシを詰めたら、たっぷり感が演出できました。フライパンひとつで15分くらいか。炒め油を焦げるぎりぎりまで少なめにしたり、モヤシにゴマ油を数滴入れたりすると、炒め物ばっかり感を無くせます。

焼エビ弁当

 エビは弁当にはもってこいの素材です。しましまの赤色が引き立ちます。

Img_1564b

今回は小ぶりのムキ海老ではなく、大き目のゆでたおかしらつきだったので見栄えがよくなりました。

ゆで玉子の目玉弁当

茹で玉子を大胆に写してみました。ソーセージもゆでて、からし和えとしました。

Img_1563b

セブンイレブンの玉子は黄身がオレンジ色なので引き立ちます。せっかくなのでパセリをまぶしてみました。

里芋パン弁当

きょうは珍しい組み合わせです。煮たサトイモとパンです。

Img_1560b

別々の入れ物としました。

2011年12月13日 (火)

戦場ケ原の初冬

 日光の戦場ケ原に行ってきました。雪の白さや白樺の白さを出そうとしてちょっと明るめに写してしまいました。撮った直後はこの明るさが良いと思っていましたが、後から考えるともう少し暗めに撮った方が良かったと反省しています。まずは華厳の滝から。

Img_3746cd

右側の岩盤に広がっている柱状節理・・・・説明しても分からない写真となってしまいました。

次は戦場ケ原湿原の中央部

Img_3761cd

 涸れた草原に白樺が立っています。

小田代ケ原北部の森の中は適当に木が倒れていて良い感じになっていました。

Img_3782cd_3

お目当ての小田代ケ原は湿原ではなく湖になっていました。

Img_3817cd

手前の白樺を白くし過ぎて、樹皮の表面の凸凹の感じが無くなってしまいました。女優さんならokですが、植物写真としてはちょっとNGとなっていしまいました。

最後は表面が凍りついている小田代湖の全景です。

Img_3839cd

よく見ると向こう岸の左側には、孤高の白樺があります。

この木と貴婦人と言って、その姿が朝もやの中に浮かんでいる写真を撮ろうと努力しているおじさん達がたくさんいます。

2011年12月 4日 (日)

高幡不動

 もぐさ園の次は高幡不動に行ってみました。無料の駐車場は道路での待ちが5台ぐらいあったので、対岸にある有料のコインパーキングに入れました。五重の塔や鐘撞堂のまわりのもみじは濃い赤色となっているのですが、南側にある山の北斜面なので太陽の光が当たっていません。鐘撞堂の西側には山をまわりこんだ午後二時の光が木々の上の方だけ当たっていました。目にはキレイに見えるのですが、もう紅葉の頂点を過ぎていて陽が当たっている木々の上の方の葉が皆落ちており、ちょっとあきらめです。山の向こうに行ってみると、馬場跡の手前の笹の斜面に光が当たっているもみじの幼木がありました。背景にはそんなに密でない森林となっており水玉模様のボケが期待できそうでした。但し葉っぱの赤色が薄くて、強い西日でやっと写真の色が出ました。

Img_3580cd

これで今年のもみじも終了となりそうです。

もぐさ園からスカイツリー

 梅で有名な百草(もぐさ)園に行ってみました。赤色のもみじが鮮やかでしたが、170センチの自分よりも高いところばっかりなので、うまく写真に撮れませんでした。また、木についている葉っぱよりも、下に落ちている葉っぱの方が多い様な気がしました。午前十時前と比較的早めに行ったので、落ち葉の踏みしめを楽しめました。この中の高台から東を望むと東京スカイツリーが見えました。写真の左側の新宿高層ビル群の中にあります。写真のど真ん中には東京タワーも見えます。

Img_3535b

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »