« 清里 | トップページ | 退院 »

2011年1月30日 (日)

シニア券

 友人が富士見Pスキー場に誘ってくれました。

事前にWebで積雪とか料金とかを見ていたら、シニア割引券の条件として50歳以上とありました。早速Web割引ページを印刷して、年齢証明書として免許証を持参しました。窓口ではすんなりと割引券を入手できました。券の上側2センチの所に<シニア>と書いてあるので、この部分をチケットホルダーのふたの折り返しの部分で隠して、バレナイようにしておきました。このスキー場はリフトのゲートがIC化されていないので、八方スキー場のようにゲート通過時に「シニア券です。」とゲートが言わないので安心です。八方で利用する場合には購入をちょっとためらいそうな気がします。

Img_1145b

朝の早い時間から滑ったので、写真ではまだあまり人が写っていません。遠くには黒色の八ケ岳連峰が見えます。

« 清里 | トップページ | 退院 »

コメント

おおきなお世話ですが 白内障で雪まぶしくないですか?

今年のスキー場は 雪不足に悩まずにすみそうですね

 拝復、スキー場ではサングラスをしていたので、マブシクなかったです。
マブシク感じたのは、以下の3点です。

1室内スポーツセンターのエアロビクスの部屋
  半年前からなんでこんなにまぶしいのかと思っていました。
  たぶん天井が低く、スポットライトもあったので感じたと思います。

2夜歩道を歩いている時の対向車のライトを直視した場合
  ライトがセンコウ花火の様にぱちぱち見えました。

3夕方車を運転している時の太陽の直射光
  左目ではそれほどマブシクないのですが、右目では目の前が真っ白になって
  とてもサンバイザーナシでは運転できませんでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シニア券:

« 清里 | トップページ | 退院 »